ハッシュ戦争の影響で価値が見直された2つの通貨がこちら!!      #仮想通貨

仮想通貨

eawfeq

BTC価格は2018年タヒ守し続けてきた約65万円の最終防衛ラインをついにブレイクした事で、サポレジ転換。ハードフォーク前後は、BTCやBCHを中心に売り圧力が強まったが、PoW通貨の避難先としてリップル(XRP)ステラ(XLM)が相対的強さを発揮した。

ハッシュ戦争の行方
Bitcoin SV側がBitcoin ABCのブロックを無効としたことで、通貨分裂へと繋がった。

ビットコインキャッシュ騒動で広がるPoW通貨への懸念感
しかし、今回のビットコインキャッシュ騒動によって、少なからずPoW通貨に対する懸念が広がったのは間違い無いだろう。
基本的に分散型のネットワークを構築するシステムとして、非中央集権制を成り立たせる仕組みと言えるが、今回のビットコインキャッシュのハッシュ戦争(ハードフォーク騒動)は、多大な影響力を持ち合わせた派閥(集権的企業)同士の争い激化により、ネットワークの混乱を招いた事例として、仮想通貨業界に課題と教訓を残すこととなった。

XRPやXLMの価格上昇
そのような背景の中で、相対的に価格下落率が低く、地合い不良の解消と共に上昇へと転じたのが、リップル(XRP)とステラ(XLM)の2通貨だ。
ステラは、過去最大のエアドロップを控える(広告効果)ことや、リップル社も動きがより活発になってきていることでの価格上昇との見方もあるが、「PoW問題」を回避する投資家の避難投資先になった可能性を見る向きもある。

https://coinpost.jp/?p=56398

(※中略、全文はソース元へ)

続きを読む

Source: 仮想通貨まとめ速報 | ビットコイン・アルトコインニュース
ハッシュ戦争の影響で価値が見直された2つの通貨がこちら!!      #仮想通貨